愛情表現を忘れない

相手の過度の心配性を
重荷に感じてしまうこともあるでしょう。
しかし、裏を返せばそれだけ
相手が自分のことを
愛しているということになるのです。
言うなれば
愛情がありすぎるということではないでしょうか。

心配性というと相手が浮気をしているのではないかとか、
疑われているようで
あまり良い気持ちにならない人もいるでしょう。
それでも、相手のことが信用できないから
心配だということではないのです。
相手のことが好きでたまらないからこ
心配になるということです。

もっとも心配性が過ぎると、
それが焼きもちに発展してしまうこともよくあります。
心配性ではただ心配をしているだけですから、
それほど大きな問題にはならないかもしれませんが、
それが高じて焼きもちを焼くようになると
そこから口論が絶えなくなってくるのです。

ですから、心配性でとどめておくためには、
心配性の相手に対して心配する必要はないんだよ、
ということを示してあげたほうがいいでしょう。
それはどうしたらいいのかというと、
常に相手に対して愛情表現をすることです。
心配性の人は相手のことが好きでたまらないから
却って心配になってしまうのです。
そして自分のことも同じくらい愛しているのかが
不安にもなってくるのです。

ですから、そんな心配性の相手に対してできるだけ
愛情表現をするようにしましょう。
出会いから付き合いが深くなっていくと、
逆に愛情表現をしなくなってしまうものです。
ですから、ここは初心に返ってでもできるだけ
愛情表現をするようにしましょう。





-心配性-



人気ブログランキングブログ王はこちら

blogpeopleへはこちら
スポンサーサイト

テーマ : 恋愛
ジャンル : 恋愛

好きという気持ちのアピール

パートナーが心配性ということは
どこのカップルにもよくあることです。
もっとも何に対して心配しているのかによっても
違ってくるのですが、
一番多いのは相手が浮気しているのではないか、
と常に心配をしていることでしょう。
こういた類いの心配性は積もり積もって
爆発してしまう可能性もあるので、
常日頃から気をつけたいものです。

もっとも、気をつけるといっても
どのようにしたらいいのかわからないかもしれません。
例えば相手が浮気を心配するのでしたら、
他の異性との接触を避けるようにするしかないのですが、
それは普通に生活をして
普通に仕事をしている限りは不可能でしょう。
浮気を心配しているときは
相手が異性と一緒にいるだけでも、
さらには話をしているだけでも嫌な気持ちになるものです。

そういった場合はどうしたらいいのでしょうか。
心配性というのは性格ですから
なかなか治らないものと考えたほうが良いかもしれません。
そうなると相手を心配させないように
異性との接触を避けることが良いのかということになります。
しかしそのように生活態度を改めるということは、
大きなストレスにもなるでしょう。
そうなると心配性の元を解決するようにするしかありません。

出会いから始まって恋愛関係になった二人です。
相手のことが好きでたまらないから逆に不安になり
心配性になってしまったのですから、
相手のことが好きだということを
常に意思表示することで
心配性を和らげてあげるようにするのです。
そうすることで相手も愛されていると思えば
心配性も多少は和らぎ、
互いにとって良い付き合いが持続されるのではないでしょうか。






-心配性-



人気ブログランキングブログ王はこちら

blogpeopleへはこちら

テーマ : 恋愛
ジャンル : 恋愛

連絡をマメにする

心配性の相手に対してどのように対処したらいいのでしょうか。
例えば何をするにしても心配してしまうとか、
一人で行けるのかなどと、
まるで子どもを諭すように心配をしてしまう相手がいるとしたら、
本当に自分のことを子ども扱いしているようで、
愛されていることはわかっていても
そこがパートナーの嫌なところと思ってしまう人も
少なくないようです。
もっとも自分のことをそれだけ心配してくれるのは
愛されている証拠であることは間違いありません。

それだけ心配してくれるのは一般的に
母親か祖母くらいのものですから、
パートナーが自分に対して心配してくれるのは
むしろありがたいことかもしれません。
もっともその心配が過度に過ぎると
逆に辟易してしまうものですが、
そのようなパートナーから心配されなくなってしまうと、
それはまた逆に寂しいものです。

ですから、相手の心配性を自分でコントロールできたら
それに越したことはないと言えるでしょう。
出会いからこれまで常に相手に対して
心配をかけてきたということでしたら、
相手の心配の種を少しでも解消するようにするのです。

どういうことかというと、連絡をマメにすることです。
心配性の人は
常に相手の行動を把握しておきたいという願望があります。
何をしているかわからないから心配になるのですから、
自分が何をしているかを逐一報告するようにするのです。
面倒だと思う人もいるかもしれません。
しかし、メールだと意外と簡単にできてしまいますから、
それで相手が心配せずに落ち着くことができるのだとしたら
それに越したことはないでしょう。
そのように上手に心配性の人と付き合えるようになれば
交際も順調に進めることができるはずです。





-心配性-



人気ブログランキングブログ王はこちら

blogpeopleへはこちら

テーマ : 恋愛
ジャンル : 恋愛

好きというサイン

パートナーが心配性だとちょっとしたことで
相手の浮気を疑ってしまうのではないでしょうか。
そのようなパートナーを恋人に持っている人が
合コンに行ってしまうというのは
ちょっとワキが甘いと思われても仕方ありません。
それでも心配性というのはあからさまに
相手を攻め立てることはないようです。

ここが焼きもちを焼くのとは大きく違うところでしょう。
焼きもちの場合は往々にして
口げんかとなってしまうことが多いものですが、
心配性の場合は自分だけの世界で完結してしまうことが多いため
口論になることは少ないようです。
もっともそれだからといって
何をしてもいいというわけにはなりません。
心配性のパートナーを困らせることのないようにしたいものです。

もちろん、過度の心配性というのも困りものでしょう。
こちらが何をしても心配するというのでしたら、
息苦しさを感じてしまうのではないでしょうか。
たまには焼きもちを焼くように、
口論になったほうがいいくらいに思うかもしれません。
出会いから恋愛関係が始まり、仲が良すぎたり、
あるいはしょっちゅう一緒にいるようになったりすると、
口論などの口げんかも多くなるかもしれません。
中にはケンカをしないというカップルもいるようですが、
そういうようなカップルが理想型というわけではないでしょう。

たまには口論をすることで、
互いのことをより知り合うことができるのです。
そういった意味では心配性であっても
焼きもち焼きであっても、
それほど悪いというように取らなくてもいいかもしれません。
それは誰よりも相手のことが好きだというサインだからです。




-心配性-



人気ブログランキングブログ王はこちら

blogpeopleへはこちら

テーマ : 恋愛
ジャンル : 恋愛

帰省中の信頼

生まれ育った土地で大人になっても
ずっと過ごし続ける人がいるように、
生まれ育った土地を離れて
生活を送っている人も沢山います。
帰省ラッシュという言い回しが出てくるように、
連休に当たる日に合わせて
久々に実家へ帰るという人も多いでしょう。
お付き合いしている彼がいるという女性の中には、
冗談にせよ本気にせよ「浮気しちゃだめよ」
とくぎを刺してから地元へと
旅立つ人もいるのではないでしょうか。

しかし実家に戻ってみた後、
夜になっても次の日になっても
彼から連絡が来ないと
少し不安になってしまうことでしょう。
彼の待つ場所へ戻ってみたとき、
どうして連絡の一本もくれなかったのかと
怒りをあらわにする人も時々いるかもしれません。

ですが怒りの連絡を入れてしまう、
彼に不満をぶつけに行く前に、
どうして連絡をしてこないのかを
冷静になって考えてみるとよいでしょう。
帰省中の人間にとって、
普段の生活から離れて地元でのんびり過ごすことは
程よく気分をリフレッシュさせてくれます。
連絡をしてこない彼は、
もしかするとそんな状況にある彼女を
気遣っているだけかもしれません。
そんな男性との出会いは女性にとって
幸せなことでしょう。
それに気づかず一方的に怒ってしまっては、
彼としても気分が悪いはずです。

これは仮に立場が逆になったとしても同じことが言えます。
帰省中の彼に連絡してもなかなか応じないとき、
どうして電話に出ないのかと怒るのはよくありません。
それはせっかく実家でのんびりと過ごしている彼の時間を、
無神経に侵害している行為です。
よい彼女とは静かに待てる女性です。
彼を信じ、たまにはそれぞれの時間を過ごしましょう。



-帰省中の恋-



人気ブログランキングブログ王はこちら

blogpeopleへはこちら

テーマ : 恋愛
ジャンル : 恋愛

プロフィール

nooocloud

Author:nooocloud
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR